肩甲骨をしっかり動かして、猫背も改善

体ケア

 

こんにちは!ミューです。

街に出て歩いていると、猫背の人が本当に多いです。

 

昔は、身長が高い人とか年配の方のイメージでしたが

最近はどうしても、歩きながら何かをしていたり、

スマホを見てる方に多いですよね。

猫背の状態が普通の状態と脳が認識してしまっています。

 

姿勢が丸まっていると呼吸もどうしても浅い呼吸になりがちです。

 

普段から、坐骨を立てて、顎をしっかり引いて

肩甲骨を寄せるイメージの歩き方をしてみましょう。

 

時々鏡に映った自分の姿で自分の姿勢をチェックしてみる

 

姿勢の改善をしていくことで、もちろん肩こりも改善。

姿勢が良い人は、見ていても気持ちがいいものですよね。

 

男性でも女性でもこれは同様ですね。

 

スマホを見ながら歩いているのが癖になると

肩が内側に入りやすくなって、更に肩は凝り固まる状態になります。

スマホは、止まった時に見るようにしましょう。

 

そうなる前に、しておかないことがあります。

 

ストレッチで、胸の筋肉を伸ばしていきましょう。

 

肩甲骨を引き寄せること両方行うことがポイントになります。

 

肩甲骨を動かしたりすることで、上半身だけでなく

代謝も良くなってきたりもします。

 

 

とにかく、肩甲骨を動かす意識が大事!

 

① まず、壁の横に立ちましょう。

 

片方のひじを肩の高さまで上げて壁の角に当てます。

 

あげた手は首の後ろあたりに添えてます

 

反対の手は、肩が前には出ないように

ウエストのあたりに手のひらを外側に向けて添えます。

 

この姿勢をすることによって、軽い負荷がかかることで

肩甲骨を簡単に伸ばしてあげる事ができます。

 

慣れてくると、ドアでも、同じように肩甲骨を

伸ばすことが簡単にできたりします。

 

まずは、眠っている肩甲骨を動かしてあげましょう。

 

手を後ろに回すと自然に骨盤が立って肩甲骨を引き寄せることが出来ます。

 

②上体をひねる

 

足は動かさないで 肩甲骨を引き寄せながら

上げた腕と逆の方向へ状態をひねります。

 

この時に、呼吸を止めないことが大事です。

 

息を吸って、吐いて、を繰り返していきます。

 

呼吸をしていくことで、しっかり筋肉に

ストレッチがかかるようになります。

 

心地よい気持ち良いと言うくらいがちょうどいいですね。

 

最後に

 

足を軽く1歩踏み出して軽くひざを曲げた状態で行ってみる。

ハムストリングスを伸ばすことができます。

 

意外に、ふくらはぎの部位などは伸ばすことが

あまりないので、かなりストレッチが効きます。

 

反対側も同様にやってみましょう。

普段から、大胸筋や鎖骨に触れて

さすったりして柔らかくしておきたいですね。

 

鎖骨に指を入れて呼吸をゆっくり何回かしてみましょう。

どうしても、忙しかったり、ストレスや緊張すると

肩に力が入りやすいと言うこともあります。

 

普段動かしていない部位を動かして

みることが実はとっても体を柔軟にできるんです。

動かない部位を動かしておくことが「不調」

にはならない予防になりますね。

 

自宅でも簡単に出来ることが本当に多いので

生活の中に習慣としてプラスできたらいいですね

体を柔軟にしていると「不調」がなくなります。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました