腕も手首も筋で繋がっています。手を揉んで健康に!

体ケア

こんにちは、ミューです。

 

早いもので2月ですね?春はもうそこまで来ています。

 

いつもより暖冬で花も季節を忘れているようなので

 

素敵なお花を見忘れないようにしないといけませんね。

 

さて、これから確定申告や決算で腕が痛い、疲れた!

 

なんて状態が起きてくるかもしれなので、しっかり

 

予防も兼ねてケアしていきたいですね。

手首は柔軟性がある方がいい

 

手首は、柔らかい方が勿論よいです。

普段から、手首を回したり、グーパーを

したりして、普段から、指自体も動かしたりしておきましょう。

 

手の指とひじは筋は繋がっているために、

腕の不調はしっかり指もケアしてあげるのが必要になります。

 

深指屈筋と浅指屈筋

 

浅指屈筋は指を屈曲させる筋肉になります。

 

深指屈筋と協調して働き、指の屈曲動作はほとんどこれらの筋肉によって起こっています。

 

手のひらの上に片方の手を肘をまげて指を覆うように

 

反対の手に置いて、上から指を全体に握ってみましょう。

 

今度は手のひらを上から包んで握ってみましょう

 

疲れていると痛いと感じるかもしれませんね。

 

今度は、手首をそらしてみましょうか?

 

ひじの脇を締めて、手のひらと全腕の内側を伸ばしてみましょう

 

結構普段から内側は伸ばしていないので、張っていたります。

 

手首をほぐすストレッチ

 

テーブルの前に 内側を向けて手をつきます。

 

背筋をまっすぐに、立ってでも、座ってでも可能です。

 

そのまま体を左右にゆっくり揺らしてみましょう。

 

手のひらは下につけたままですると内側が伸びます。

 

気持ちがいいな~ってくらいがいいと思います。

 

今度は、手を両手の手の甲を下にして床につけます。

指先は後ろで手のひらは上を向いています。

 

軽く脱力してみると外側の手首が伸びます。

 

終わったら両手を指を合わすようにしたまま

手首を回しましょう。

 

左に伸びている腕 手首をまげて下に下ろします。

 

 

そして、右手で手首を手前にまげてキープします。

手の甲に刺激がいきますよね。

 

これを反対の腕もして見ましょう。

とても伸びて気持ちがいいですね。

 

今度は手を手の力を抜いてブラブラしてみます。

 

今度はグーとパーを繰り返しましょう。

まとめ

 

武断動かしていない筋を動かすことで

腕の疲れも取れていきます。

 

痛い状態はNGですので、しっかり呼吸を

しながら、軽く伸ばすような気持ちでしてみましょう。

 

指と指を組んだ時にも指を上下して指の間も

刺激してみましょう。

 

実は指もとても疲れているはずです。

時間の隙間時間を使ってうごかしてみるのもいいですね。

普段から手を揉んだりさするだけでも

健康になると言われれいます。

手を揉むことで動悸、息切れ、頭痛、めまい、

耳鳴り、不眠、ぜんそく、便秘、下痢、肩・

首のこり、腰痛、腹痛、生理痛など、さまざまな症状が改善しています。

健康法にもなりますので、

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました