胸の硬さが呼吸を浅くしているの知っていますか?

体ケア

こんにちは~ミューです

忙しい日常、ストレスでも

呼吸は浅くなる傾向にあります。

 

胸を吸う時に、「肺」に空気を入れる
必要があります。

肺に空気が入ると同時に背骨や肋骨
胸骨や肋間筋などが動きます。

これらは心臓や肺を保護する役目が
あります。

 

なので、ここが動きが悪いと浅い呼吸に
なったりします。
浅い呼吸は、睡眠不足にもつながるので

日常の生活でも意識して、肋骨を広げるように

動かしていきましょう。

今、肩が前の方に入り込んでいませんか?

胸郭を柔らかくしていると 息切れしなくなります^^

①肋骨を横に広げて息を吸ってみましょう!

 

肋骨にそうように両手を当てて

 

横に広げながら、三秒かけて鼻からゆっくりと

 

息を吸って胸を膨らませます。

 

※息を吸うときは、手の力を抜いて胸のふくらみにそって行ってください。

 

②肋骨を内側に押しながら息を吐いてみましょう!

 

手で、肋骨を内側を押しながら、口をつぼめて

息をゆっくりと息を吐き切りましょう。

 

①と②を5~6回繰り返してみましょう。

 

③肋骨を手で押し下げながら体を左右に傾けてみましょう!

 

手で肋骨に当て、下に押し下げながら上体を左右に

 

傾けてみましょう。

 

これを5~6回してみましょう。

 

※ここで、肋骨の間を広げたり縮めたりする意識で身体を傾けましょう。

 

頑張って倒しすぎないようにしましょう。

 

呼吸を止めずに動かしていきます。

 

今度は、体を左右斜め前にひねってみます。

 

手を肋骨にあて、下に押し下げる

 

上体は、斜め前に傾けてみましょう。

 

気持ち良く伸ばしていきます。

 

これを5~6回してみましょう。

 

どうしても寒かったり、忙しい生活の中で

呼吸が浅くなりがちです。

ぜひ! お試しくださいね。 気持ちがいいですよ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました