首の疲れは姿勢の悪さが原因!?

体ケア

こんにちは、ミューです。

長時間のデスクワークや日常の作業で

下を向いての作業などで首の後ろが

常に重たい、ハリがあるそんな方が多い

人が多発中です。スマホも原因の一つですが

姿勢の悪さが一番の原因になっています。

 

姿勢が悪いと気がつかないうちに顔か頭が前に

出ている状態で、首への負担はかなり大きいですね。

私達の「頭」の重さをご存知ですが?

体重の10分の1と言われています。

つまり、体重50キロの人では、頭の重さは

なんと!5キロもあると言うことなんです。

 

その重さを首で支えている訳ですから

勿論とっても首はストレスが溜まっても

おかしくないですよね。

 

それに、首の位置が悪い、つまり姿勢も悪い状態

であればさらに首へのストレスが倍増。

呼吸をしっかり酸欠にならないように

酸素を体に取り入れる事も心がけたいですね。

 

ストレスを感じると、無意識に呼吸が

私達は浅くなる傾向になります。

 

当たり前に出来る呼吸は「口呼吸」になってしまう

と体内に酸素も入らない状態になりますね。

 

しっかり深い呼吸が出来ることを心がけしていきましょう。

 

酸素が足りないと筋肉も硬くなってしまいます。

腹式呼吸を心がけると代謝も良くなります。

 

首には、小さな筋肉をはじめ、頭に繋がる血管が

数多く集まっている部位でもあり

衝撃に弱いとも言われています。

 

しっかり、呼吸を整えながら、首のストレッチで

首の疲れを軽減して行くことをおすすめします。

 

どうしても、背中が丸くなっていると

首の横が張っているような凝っている

首回しもとても効果的ですが

首の横になる「斜角筋」を

ストレッチしていきましょう。

首は、とてもデリケートなので、

ご自分での力を加減をしながら

首をゆっくり伸ばしていきましょう。

①伸ばす方の手を後ろに回して

反対側の手を耳の上に当てます。

 

②手を当てた頭を軽く真横に傾けます。

この時に手で無理やり引っ張らないで

軽く支えるイメージで あごはあがり過ぎない
ようにしましょう。

 

③今度は、軽くそのまま胸を突き出していきます
ここで7秒キープします。

反対もう同様に行いましょう。

 

硬く凝り固まった筋肉が伸びて行きます。

とっても気持ちがいいので、必ず、軽く

行うことが大事です。

頭の重さを首はしっかり支えてくれいるんですね。

首回し、座わりながら、腰からしっかり時計まわりに

ゆっくり回してみると、腰から緩んできます。

呼吸を整えながらするのもおすすめです。

ぜひ! お試しくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました