猫背を治して肩を軽くしてみよう!

体ケア

 

こんにちは!ミューです。

街に出て歩いていると、猫背の人が本当に多いです。

 

どうしても、携帯を見てるものありますが、猫背が多いですね。

 

姿勢の改善をしていくことで、もちろん肩こりも改善。

猫背が直り、背筋もまっすぐになれば

歩き方さえ変わっていきますよね。

やはり、歩いていてシルエットも綺麗です。

 

男性でも女性でもこれは同様ですね。

背中や腰が丸まって、両肩が前に出ている状態が「猫背」になります。

 

せっかく素敵な恰好をしていても、やはり猫背はあまり素敵ではないですよね。

 

この状態が、日常の姿勢になっていると、肩がこるだけではなく

胸を覆う扇状の大胸筋が縮まって、胸を張りたくてもなれない状態になるんです。

 

こうなってくると更に肩は凝り固まる状態になります。

 

そうなる前に、しておかないことがあります。

 

ストレッチで、胸の筋肉を伸ばしていきましょう。

 

肩甲骨を引き寄せて行うことがポイントになります。

 

とにかく、肩甲骨を動かす意識が大事!

 

① まず、壁の横に立ちましょう。

片方のひじを肩の高さまで上げて壁の角に当てます。

あげた手は首の後ろあたりに添えてます

反対の手は、肩が前には出ないように

ウエストのあたりに手のひらを外側に向けて添えます。

 

手を後ろに回すと自然に骨盤が立って肩甲骨を引き寄せることが出来ます。

 

②上体をひねる

足は動かさないで 肩甲骨を引き寄せながら

上げた腕と逆の方向へ状態をひねります。

この時に、呼吸を止めないことが大事です。

特に吐き出す時は、ゆっくりでいいので長く

吐き出してみましょう。

 

ひねる時に、肩甲骨を引き寄せることに意識する。大胸筋の裏の筋肉を縮めるようにする

 

③めいっぱいゆっくりひねると同時に今度は胸を突き出すようにする。

胸を伸びさせて、呼吸を詰めずに7秒キープしてみます。

これは胸と腕の付け根の周辺の筋肉を伸ばして緩めます。

 

もっと大胸筋を伸ばしていきたい!硬い人は無理しないようにしましょう。

 

足を軽く1歩踏み出して軽くひざを曲げた状態で行ってみる。

首を壁の反対側に向けるとさらにストレッチ効果があります。

反対側も同様にやってみましょう。

お風呂上りに、鎖骨周りをさすったり、鎖骨に指を入れて

呼吸をゆっくり何回かしてみましょう。

どうしても、忙しかったり、ストレスや緊張すると

肩に力が入りやすいと言うこともあります。

鎖骨を押さえたまま、腕を回してみるなど、

凝り固まった大胸筋をしっかり緩めてあげることが

とても大切だと思います。

力を抜いて脱力する方法もたまにするのもおすすめす。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました