カチカチの肩甲骨を柔軟にしていきましょう

体ケア

こんちにちは!ミューです。

もう12月になってしまいましたね?

体調はどうですか?

 

これからどんどん寒くなっていますね。

体が柔らかいことが実はとてもメリットになります。

 

どうしても、スマホを見ている人は首に負担がかかっているので

肩こりや頭痛も感じやすくなりますね。

 

苦手でもお水を飲んでみましょう。

 

白湯でも全然OKですよ~。血液は水でしか流れません。

 

ダイエットには、運動が苦手な人では

 

運動は苦手でも無理なく出来ると

 

言う中、ここでは、簡単でなくてはなりません。

うつ伏せで、体幹を強化する!

 

 

 

スクワットが苦手な人は、このうつ伏せで

プランクが簡単で良いかもしれませんね。

 

①うつぶせの状態から、ひじが肩の下に付くように
します。

 

②そして、体が一直線上になるように
つま先をたてて体を持ち上げます。

 

呼吸は絶対に止めないで、最初は10カウントで
いいですが、段々慣れてきた20秒、30秒と
伸ばしていきましょう。

 

腹筋にも聞いて、ダイエット効果になります。

 

最近は、長い時間椅子に座ってデスクワークが多い人に
ストレスがたまりやすいです。

 

とにかく肩を回してみましょう

 

①両手を肩にのせます。

②下から上へ
ひじ同士をくっつけるようにゆっくり上げていきます。

 

この時に左右の肩甲骨を離すように意識しながら動かして
行きます。

③ひじが上に行ったら、後ろにゆっくり回しながら下ろします。

 

左右の肩甲骨を今度はくっつけるように意識する

 

同じ動きをゆっくり大きく回して5回くらい回しましょう

 

ギシギシという人は こまめに時間がある時にしてみて下さい。

 

肩甲骨は日常の生活ではなかなか動かさない部位になります。

 

椅子に座ったままで、猫背になったりして、ずばり

肩こりになりそうですよね。首への負担も増えていきます。

 

こんな時は、首は元の位置は、治す必要あり

 

※ 後ろで手を組んで肩をゆっくりそらしてみましょう。

 

無理やりしないようにゆっくりしましょう。

 

椅子に浅く腰かけて姿勢を正しく手を後ろで組む

 

肩を後ろに引いて、肩甲骨をぐい~と寄せるのがポイントです。

 

そして、そのまま息を止めないで10秒キープ

 

②①の時と同じような姿勢で首を後ろに倒します。

 

上体が前に倒れないようにしましょう。

 

痛くない程度の姿勢で10秒をキープします。

 

3回ほど、呼吸を止めない程度で3回そらしてみる

 

普段動かない肩甲骨回りですが肩回しでかなり軽くなります。

 

柔軟にしておくのが、良いかもしれませんね。

 

 

ギシギシ~となる程は、可動域も少ないので

 

ギシギシ言わないように、柔らかくしていきましょうね。

 

下半身も同じですね。しっかり 足裏、ふくらはぎ

 

もし、お出かけの時は、しっかり送ってくれるのが

 

お風呂上りですっかり体が温まってからで♪

 

コメント

  1. anzichi394 より:

    ミューさん、はじめまして^^
    ブログランキングからきました。

    PCやスマホを見ている時間が多く
    最近、特に肩こりが酷くなってきました。

    参考にさせていただきながら
    肩こり改善を目指したいです(^^♪

    • myou より:

      anzichi394さん ご訪問ありがとうございます。同じ姿勢でいたり~緊張してても体に力入りますので肩もパンパンになりますね。できたら、下半身も柔軟性があるといいですね~^^

タイトルとURLをコピーしました